バーテンダーになるには?

現役バーテンダー(アルバイト)がバーテンダーになる方法、カクテルの作り方やレシピ、
バイトの求人募集や資格と協会、漫画、接客サービスとスクール情報や「フレア」も幅広く解説 酒旅行コラム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 このリキュールはバーに置かれているのにも関わらず、
 ひっそり眠っている所がこのお酒らしいのでしょう。
 また、複雑な味わいの為にカクテルにも使用されにくいのです。
 リキュールはストレートで飲むという発想がされにくいのもあるのでしょう。
 そういう事で飲んだ事がないという方が多いと思います。


スポンサーリンク




 パルフェタムールもメーカーによって味わいが少し違います。
 高価なメーカーであるといっても差額は1500円ほどのシャルルバノー社やバーディネ社の物は
 しっとりとしたほのかな甘味が感じられます。

 逆に安いボルス社やデカイパー社などは明確なスミレの甘味と香りが堪能できます。
 文章中でも少し触れましたが、このリキュールはカクテル「ブルームーン」以外ではほとんど使用されません。

 しかし、飲み方をいくつか提案してみます。


  ストレート
  このお酒を飲む時は常温のストレートが好きです。甘くて複雑な味わいを一番堪能できるからです。

  オンザロック
  アルコール度数も25度から30度で少し高いので、氷を入れてゆっくり味わうのも良いでしょう。

  ブルームーン
  これは一度は試して頂きたいです。この正体不明の有名カクテルはパルフェタムールと同様に魅惑的です。

  ソーダ、トニックウォーター、ジンジャーエール割り
  また、水割りも良いでしょう。酸味が少しあっても良いと思うので
  レモンジュースかライムを入れてさわやかに楽しむ事もできます。

  お菓子・ケーキに使用
  リキュールはしばしばお菓子やケーキに使われます。このお酒は甘いので使えます。
  実際に使用されているのは見た事ありませんが、ぜひ腕に覚えがある方は挑戦して頂きたいです。

  オリジナルカクテル
  甘くて複雑な味わいなので使いにくいのは確かです。
  しかし甘味プラス酸味の基本と甘味プラス甘味の法則で作れます。
  ミルク、他の甘いリキュール(特にベイリーズなどのミルク系)と合います。
  ワイン、シャンパンに少し加える。同じフランスという事もあり上手く合います。

  恋人との甘い一時に
  喧嘩を止める力があると言われていますし、記念日や記事中のような愛の告白にも良いでしょう。


 その他のパルフェタムールを使用したカクテルは
 メーカーオリジナルでネット上で見た事はありますが、
 カクテルにはなかなか使用されにくいという状況は現代でも変わっていません。



スポンサーリンク


copyright(c) 2005-2014 バーテンダーになるには?All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。