バーテンダーになるには?

現役バーテンダー(アルバイト)がバーテンダーになる方法、カクテルの作り方やレシピ、
バイトの求人募集や資格と協会、漫画、接客サービスとスクール情報や「フレア」も幅広く解説 酒旅行コラム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次の日、イタリアの若者と街を観光して回った。

彼はこの街に興味があるようだった。

ちなみにフランスの女は街を一周する観光バスに乗ると言ったので一緒には行かなかった。


スポンサーリンク


夜になって安ホステルに戻った。

途中でスーパーマーケットに寄って食材などを買い物した。

せっかくイタリア人といるのでスパゲティーを作る事にした。

バジルがベースで色んな香辛料が混ぜられているソースを買った。

それをかけるだけの簡単なものだ。

ここで塩がない事に気がついた。

なくてもまぁいいじゃないかと言ったが彼はなかなか譲ってくれなかった。

以前はロンドンでイタリア人にスパゲティーを作ってもらったが茹でる時に大量に塩を入れていたのを思い出した。

茹でる時の塩は彼らにとって重要なのだろう。

実際の味にどれほど影響するかは疑問があるが儀式みたいなものだろうか。

とにかく塩は無しで食べる事になり、彼はこんなのは人生で初めてでおそらく今後もないだろうと愚痴をこぼしていた。


以前からの疑問を質問してみた。

固く茹でるのはアデランテというのは知っていたが柔らかく茹でるのは何て言うのか?

以前レストランで働いていた時はオーバーボイルと言っていたが明らかに英語だったからだ。

彼はきっぱり言い放った。

 そんなのはありえない。

 それでもあえて言うとしたら?

 それはもうスパゲティーではない。 

食事はもう一品あってアイルランドのベーコンが有名らしいと彼が言うのでそれを焼いて食べた。

確かに旨い、気がする。







ビールは安かったという理由でオランダのを飲んだ。

1ユーロ以下だ。味はオーソドックス。

ラベルのマッチョの男がなんかおもしろい。
2009年6月 執筆


スポンサーリンク


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bartender.blog35.fc2.com/tb.php/361-2b32ddb3
この記事へのトラックバック
copyright(c) 2005-2014 バーテンダーになるには?All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。