バーテンダーになるには?

現役バーテンダー(アルバイト)がバーテンダーになる方法、カクテルの作り方やレシピ、
バイトの求人募集や資格と協会、漫画、接客サービスとスクール情報や「フレア」も幅広く解説 酒旅行コラム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 テキーラについての専門書のような物は発見できませんでした。

 メキシコ関係の本は多いですね。下記はまったく読んだ事が無いものばかりですが読みたいと思った本です。



スポンサーリンク



 内容(「BOOK」データベースより)
 「黙って去っていった恋人の幸せに、思い出のカクテルで祝杯をあげる気弱な男。
 これでよかったのさ…。ほのかな酔いが、精一杯強がる男を、ちょっぴり切ない気分にさせる。
 表題作「テキーラの朝やけ」をはじめ、バー・ボロンゴにやって来る男と女の恋模様を綴った14編。
 酒の味はいつも変わらず、飲む人の心だけが恋わってゆく。」

 この本を選んだ理由はバーを舞台にした恋愛ストーリーだからです。その中にテキーラも出てくるのでしょう。

テキーラの朝やけ
テキーラの朝やけオキ シロー

幻冬舎 1998-06
売り上げランキング : 613571


Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「人生のターニングポイントを迎え、いかに楽しく充実して生きるかを模索し、夫婦ふたりで設計し、
 メキシコに建てた終の住処。そこでの暮らしぶりを綴る初のフォトエッセイ集。
 メキシコ料理のレシピも紹介。」

 黒沼リエコという方は世界的に有名なヴァイオリニストですがなぜこの方はメキシコという地を選んだのでしょうか。

 
メキシコのわが家へようこそ
メキシコのわが家へようこそ黒沼 ユリ子

主婦と生活社 1996-10
売り上げランキング : 784680

おすすめ平均 star
star素敵です!
star素敵です!
star!Viva Mexico!な本

Amazonで詳しく見る



 メキシコ料理は日本でもメジャーになってきました。
 やはりテキーラに合う料理はメキシコ料理に敵う物はないでしょう。
 タコライスが好きですがこれはメキシコと日本の素晴らしい融合だと思っています。
 この本に載っているかはわかりませんが、、

 
魅力のメキシコ料理―メキシコ料理の調理技術のすべて
魅力のメキシコ料理―メキシコ料理の調理技術のすべて渡辺 庸生

旭屋出版 2002-01
売り上げランキング : 95511

おすすめ平均 star
star本格的すぎる・・・から面白い
star本格的・・・すぎる
starはまりましたメキシコ料理に!

Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「1994年、対メキシコ国境地帯において「ゲートキーパー作戦」と呼ばれる大規模な国境警備作戦が
 発動された。空前の警備強化により行く手を阻まれた不法越境志願者たちは都市部を避け人里離れた
 自然環境の苛酷なルートを選ぶ。灼熱の砂漠や予期せぬ降雪に自らの命を危険にさらす人々が求めたのは
 米国での最低賃金労働に過ぎない。現地取材を重ねたロサンゼルスタイムズ記者渾身のルポルタージュ。 」

 メキシコとアメリカの国境地帯は有名ですね。なぜ、そこまでアメリカに行きたいのでしょうか。

 
不法越境を試みる人々―米国・メキシコ国境地帯の生と死
不法越境を試みる人々―米国・メキシコ国境地帯の生と死ケン エリングウッド Ken Ellingwood 仁保 真佐子

パーソナルケア出版部 2006-03
売り上げランキング : 152967


Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「メキシコの“ラスト・サムライ”を見つけた!今から約400年前、支倉常長ら「慶長遣欧使節団」の
 随行員として海外に渡りメキシコに移住。現地で成功を収め、ついに豪商となったサムライがいた。
 人物の名はルイス・福地蔵人。スペインやメキシコと日本との国際交流史を永く研究してきた著者が、
 新発見史料をもとに福地蔵人とその一族の盛衰を検証。海外に雄飛する日本人に勇気を与えてくれる
 渾身のノンフィクション。 」

 こんな昔にメキシコに渡った日本人がいることが驚きです。是非読んでみたいです。

 
メキシコの大地に消えた侍たち―伊達藩士・福地蔵人とその一族の盛衰
メキシコの大地に消えた侍たち―伊達藩士・福地蔵人とその一族の盛衰大泉 光一

新人物往来社 2004-05
売り上げランキング : 396934


Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「グローバル・エコノ「消滅」か、着文化。その未来は、「消滅」か「分裂」か、「融合」か。
 『田中角栄』を通して時代が発する「熱」を鮮やかに描き出した作家が、
 異なる力と価値が激しく衝突し合う現場の「熱」に肉薄する渾身の紀行ドキュメント。」

 メキシコについて非常に詳しく書かれた本です。写真が多くて分かりやすいでしょう。

 
メキシコ灼熱
メキシコ灼熱水木 楊

NTT出版 1999-03
売り上げランキング : 448856

おすすめ平均 star
star灼熱の本

Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「「アステカ王国」の滅亡は、中米の神話的世界と覇権拡大をはかる欧州の激突の結果であった。
 豊かな文化に彩られた黄金の王国、その繁栄と民族の精神は、侵略者との凄絶な闘争や伝統宗教のキリスト教
 との習合などを通じて多くを失っていく。
 征服者コルテスとアステカ王モンテスーマの人物像に公平に光をあて、新たな視点で追究した」

 メキシコには古代から高い文明がありました。当時の歴史を深く追求した本です。

 
コルテス征略誌―「アステカ王国」の滅亡
コルテス征略誌―「アステカ王国」の滅亡モーリス コリス Maurice Collis 金森 誠也

講談社 2003-01
売り上げランキング : 325313

おすすめ平均 star
star歴史を引き受けて死んでいった偉大な王

Amazonで詳しく見る


 出版社/著者からの内容紹介
 「98年3月に発刊した旅名人ブックスNo.5ユカタン半島の改訂版。
 メキシコシティー郊外のテオティワカンやトゥーラ、ソチカルコといった必見の古代遺跡や
 メキシコ屈指のリゾート地、カンクンの最新情報を加え、内容をさらに充実させた。
 ホテルや観光施設などの各種データも最新の情報に改訂 」

 メキシコはテキーラもですが遺跡が有名です。
 そして、リゾート地カンクンもあります。それらの情報を網羅した一冊です。

 
メキシコ古代遺跡とカンクン―歴史と癒し、探求の旅
メキシコ古代遺跡とカンクン―歴史と癒し、探求の旅飯田 辰彦 荻野 純一 「旅名人」編集部

日経BP社 2003-05
売り上げランキング : 96779

おすすめ平均 star
starメキシコのすべての古代遺跡を知る

Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「ドクトル・オギタの名で多くのメキシコ訪問者に親しまれた荻田政之助。海外雄飛の夢をいだき、
 19歳でペルーに渡航。大正時代の南米移民の歴史をつぶさに体験し、
 メキシコに一市井人として定住した荻田は、終生、ロマンを求める青年のこころを失わない人であった。
 歯科医のかたわら、インディオ文化への関心を深め、日本人芸術家たちに憩いの場とインスピレーションを
 与えつづけた特異な人物の全貌を再現。あたかも1987年にはメキシコ移住90年祭を迎える。」

 大正時代にこんなロマン溢れる青年がいたのが驚きです。刺激されるでしょうね。

 
メキシコにかける夢―荻田政之助と日系移民の世界
メキシコにかける夢―荻田政之助と日系移民の世界高山 智博

平凡社 1986-11
売り上げランキング : 986654


Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「画家のカルメン、よくしゃべるタクシードライバー、勉強をともにしたクラスメイトたち、
 愛人と勘違いして乗り込んできたXの妻、そして、アパートの上の住人D…。舞台はいつも
 サン・ミゲール・デ・アジェンデだった―。個性豊かな人々との出会いで綴る、魅惑のメキシコ滞在記。」

 現在のメキシコの普通の日常生活が楽しめそうですね。

 
メキシコに魅せられて
メキシコに魅せられてコルピ 麗子

新風舎 2005-12
売り上げランキング : 187380

おすすめ平均 star
star何度でも読みたくなる癒し系エッセイ

Amazonで詳しく見る



 内容(「BOOK」データベースより)
 「45年前、日米開戦を機にメキシコの日系人たちは住みなれた地を追われ首都へ強制集結させられた。
 米国境近くの千人にとっては3千キロの旅だった。1987年、著者はその人たちの跡を辿る。
 漂流で始まった日墨交流、明治30年の榎本植民、メキシコ革命、戦争…旅で出逢った無名の人たち、
 その波乱に満ちたさまざまな個人史…。」

 これは戦争時のメキシコ日系移民を描いたものです。興味深いです。

 
メキシコに生きる日系移民たち
メキシコに生きる日系移民たち山本 厚子

河出書房新社 1988-05
売り上げランキング : 835448


Amazonで詳しく見る



 本ブログ内の関連リンクです。

 テキーラ(Tequila)はメキシコ 歴史や度数、飲み方を解説(1)

 テキーラ(Tequila)はメキシコ 歴史や度数、飲み方を解説(2)

 テキーラの飲み方とカクテル

 メキシコとテキーラに関する書籍

 マルガリータの謎(Margarita)

 「サウザ シルバー」の裏

 バーテンダーのモラル[テキーラを90分間で19杯]


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bartender.blog35.fc2.com/tb.php/296-6104f977
この記事へのトラックバック
copyright(c) 2005-2014 バーテンダーになるには?All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。